手湿疹は皮膚科に頼るべき!痒い水泡ができる手湿疹とはどんな症状?

美容皮膚科(注射・注入)

手に水泡・ブツブツができる手湿疹とは?

いつの間にか手にブツブツとした水膨れが出来ていて、それがとてもかゆい!こういった手の症状に身に覚えがある方はきっと多いはず!手がとにかく痒くて、掻きむしったら手がジュクジュクしてただれるし痛い。思いっきり手が荒れてガサガサする上に、何回もぶり返す非常に厄介な症状ですよね?この記事を書いている私も、もう10年以上手湿疹に悩んでいる1人。

この、手にかゆい水泡ができる厄介な症状は「手湿疹」というものです。手湿疹は女性に多いと言われており、ハンドクリームを塗っているのに手湿疹がなかなか治らない・むしろ悪化しているのでは?と悩んでいる方もいるはず!市販のハンドクリームのみの治療では太刀打ちするのが難しいようです……。
では、一体どうすれば手湿疹を治すことは出来るのでしょうか?今回は手湿疹の症状や原因・治療法を分かりやすくまとめました!

関連:皮膚科と美容皮膚科の違い(美サラダ)

>手湿疹の原因と症状

手湿疹の症状と原因とは?

手湿疹とは、家事を行う主婦の方や美容師や調理師などの、水を多く扱う仕事をされている方に多い重度の手荒れです。別名「主婦湿疹」とも呼ばれる手湿疹は、ひび割れやあかぎれが起きて手がガサガサになったり、かゆみを持つ水ぶくれ(水疱)が指や掌にできてゆきます。
手にできた水ぶくれ(水疱)を潰すとかゆみや炎症が広がり、いつの間にかあかぎれができて手が荒れ放題になることも。そして一番厄介なのが何度も繰り返すという点、治ってきたのにいつの間にかまた出来てしまうというために一度できると治りにくいとさえ言われています。

手湿疹は何故できてしまうのでしょうか?普通ならばシャンプーや洗剤・水・お湯に触れたところで手は荒れたりしませんよね?ただし、手湿疹になりやすい主婦の方や美容師や調理師の場合は、お湯や水、シャンプー・洗剤にしょっちゅう触る方たちでもあります。

すると汚れだけではなく肌の潤いを守る機能である皮脂までも洗い流されてしまい、肌の潤いが逃げやすくなったり肌が刺激を受けやすくなってしまいます。そのため、潤いはないのに肌がいろんな刺激を受けることで手湿疹を招く結果になります。
お札を触ったりパソコンを触ったりするだけでも肌にとって悪い刺激となるため、手荒れがひどくなってしまうのだとか!そのため、実はパソコンをよく使う方やレジを打つ方も手湿疹になりやすいとされているみたいです……。

>手湿疹の治し方

手湿疹を完治させたい!治し方一覧

手湿疹ができてしまうと痛い・かゆいというのもありますが、手がガサガサに荒れたりあかぎれしたりするため、「人に見せたくない……」と思う方もいるはず。また、女性の場合なら手湿疹のためにネイルを諦めているという方も多いようです。
女性ならば手だっておしゃれを楽しみたい、早く治したいと思うはず!では、どうすれば手湿疹を治すことができるのでしょうか?

手湿疹の治し方その1・ゴム手袋を使う

手湿疹を治すために大切なのが徹底的に水や洗剤に触れる機会を減らすこと。ゴム手袋を着用してから食器を洗ったり髪を洗うことが大切になるみたい!

普通にゴム手袋をはめるだけでは水が入ってしまうため、口をゴムで縛るなどの工夫をした方がいいかもしれません。さらに手荒れがひどい人はゴム手袋をはめる前に白い手袋をはめることでゴム手袋の刺激から手を守るという方法があります。

手湿疹の治し方その2・熱いお湯を使わない

熱いお湯を使うと、肌の潤いを保つ皮脂が落ちやすいと言われているみたいです!そのため水温は35度以下、「ちょっと冷たいくらい」の低温のお湯で顔を洗うようにすると良いみたい。

また、これは食器を洗ったり髪を洗ったり、洗顔の際にもこの水温ぐらいがちょうどいいみたいです。ただ、調べるとお風呂に浸かる際の適温は40℃前後なのだとか。寒い時期は身体が芯から冷え切りますから、温かいお風呂にゆっくり浸かることで疲れを癒せますし、体調を万全に整えられるようになりますよね?

手湿疹の治し方その3・石けん系洗剤を使う

手湿疹は、刺激の強い洗剤やシャンプーを使ってしまうと起きやすいみたいです。油汚れをしっかりと落とすことができる洗剤が多く、その分皮脂をガッツリと落としてしまうみたい。その為、洗浄力は少し落ちますが、石けん系の洗剤を使うことで手湿疹がよくなるのだとか!

どうしても頑固な油汚れなら洗浄力が高いものを使い、それ以外はなるべく石けん系の洗剤を使うようにするといいみたいです。また、食器洗浄機を利用することでなるべく洗剤やお湯、水に触れる機会を減らすこともできますよ?

手湿疹の治し方その4・皮膚科や美容皮膚科に行く

水や洗剤などに触れる機会を減らすことで手湿疹を治しやすく出来ますが、最終的には皮膚科に頼るといいかもしれません。手湿疹はセルフケアでは治りにくいため、プロの意見や処方される塗り薬や飲み薬をしっかり利用することで手湿疹が治療できてゆきます。

多いのが、「飲み薬に頼りすぎるといけないから飲まない」という意見。しかし飲み薬が処方されたときはきちんと利用することで体の内側から手湿疹の改善へと導くことができるはず。手湿疹の治し方は皮膚科・美容皮膚科で医師の意見を取り入れることが大切になるみたいです!

皮膚科・美容皮膚科で治る手湿疹まとめ

  • 手湿疹とは主婦や美容師の方など、水やお湯・シャンプーや洗剤をよく使う人がなる。
  • 手湿疹は手にブツブツとした水泡ができ、痒みがあり手荒れする。
  • 手湿疹はセルフケアでは完治することが難しい症状。
  • 手湿疹はお湯を避ける。ゴム手袋をはめる、肌に優しい洗剤を使いなどの工夫がいる。


手湿疹はセリフケアでは治りにくい症状の1つ。ゴム手袋や洗剤などに気を使いながらも、プロの意見をしっかりと聞きに行くことで手湿疹の完治につなげることができるみたいです!


PAGE TOP