豊胸バッグの疑問 シリコンバッグ除去後に脂肪注入豊胸はしても大丈夫?

バッグ豊胸, 脂肪注入による豊胸

脂肪注入豊胸術と豊胸バッグは相性最悪って本当?

豊胸を行った際、シリコンバッグを抜いてから脂肪注入を望む際、「シリコンバッグを除去した後の場合は最低三カ月待った方がいい」と言われ断られる場合があるようです。年間数万件近くの症例があると言われている豊胸手術ですが、中にはシリコンバッグの劣化や破損を心配して昔入れたシリコンバックを抜こうという方が少なくないようです。その代わり、自分の脂肪がたくさんついているところから胸に脂肪を移すという脂肪注入豊胸術が人気を集めているようです。人気の理由として、人工的なシリコンバッグとは違い、自分の身体の一部を入れるというところや見た目、触り心地などが自然であるのも理由の1つなのだとか。
その為、シリコンバッグを抜いてからすぐに脂肪注入豊胸術を行いたい!という方が多いようですが、断られる場合がある理由とは何でしょうか?また、本当に禁止なのでしょうか?今回は豊胸手術の際、シリコンバッグを抜いて脂肪注入豊胸術に切り替えることは可能か否かについて調べてみました。

関連:女性ホルモンと豆乳について(fromage)

脂肪注入豊胸のために、シリコンバッグ除去後数カ月待ては都市伝説!?


一般的な美容クリニックの意見としてあったものが「シリコンバッグを抜いた後に脂肪注入豊胸術を受けたいのならば、最低1カ月は開けなくてはいけない」「脂肪注入豊胸術はシリコンバッグを抜いてから3カ月以上経過してからが良い」という意見が存在します。その理由としてはシリコンバッグ除去後に脂肪を注入するためにはシリコンバッグを抜いた後のカプセルという部分が閉じる必要があるからとされています。

ただ、カプセルなんて言われても一体何?と疑問に思われますよね?カプセルとはシリコンバッグの豊胸手術を行った際にできたコラーゲンの被膜を指します。コラーゲンの被膜と聞くといいように聞こえますが、ただこれが問題の理由となるようです。このカプセルというスペースは血が流れない部分となります。これがどういうことかを指すと、シリコンバッグが入っていた空間には今まで血が流れていなかった為に、血が運んできてくれる栄養も入ってこない空間ができるという訳です。ではこの空間にもし脂肪注入豊胸術によって脂肪が入り込んでしまうと、入り込んだ脂肪は栄養を貰うことができずに壊死し、ひどい炎症を起こす可能性があると言われています。

だからこそ、この空間がしっかり閉じるためにシリコンバッグを抜いた数カ月は脂肪注入豊胸術を待ってほしいという意味となるようです。こう聞くと、確かに筋が通った説明のように聞こえます。しかし、この説明は実は根拠がなかったということが分かってきました。
どういう事かというと、3カ月待てばこのカプセルが閉じるという訳ではなく、3カ月待とうが10年待とうがカプセルは閉じないという発表がされたのだとか。つまり医師がする「3カ月は待ってください」という説明には意味がないということになるのだとか。むしろシリコンバッグを抜いた日と同日に脂肪注入豊胸術を受けた方がいいという意見さえ存在しているのだとか!そのメリットとは何か。3つ紹介いたします。

シリコンバッグ除去後に脂肪注入豊胸を行うメリットとは?


1つ目に、シリコンバッグを抜いた後にどれだけの空間があるのかを知るためには、施術でシリコンバッグを抜いた医師が己の目できちんと判断することができるからなのだとか。その為、豊胸シリコンバッグを除去した直後であるのなら、コラーゲンの被膜が作るカプセルを避けて脂肪注入豊胸術をすることが可能なようです。また万が一被膜内に入ったとしてもすぐに対処できますからむしろ同日に施術を行った方が注入した脂肪の壊死を避けることができるとされています。

2つ目に、美しいバストを安全性が高い状態で作ることが可能とされています。バッグ除去から数カ月たってしまうと、皮膚と組織は癒着がはじまっている場合があります。この状態で脂肪を注入してしまうことで、うまく膨らまずにバストがデコボコになってしまう可能性があるようです。ただシリコンバッグを抜いた直後である場合は組織の癒着がはじまっていませんから、綺麗に脂肪注入をすることができます。

3つ目に、精神的にラクになることができます。実はシリコンバッグを抜いた後バッグによって肋骨や大胸筋、皮下脂肪などが圧迫されて組織が薄くなり、シワシワのバストになったりバストが百にへこんでしまう場合もあるようです。これを見た時に大きなショックを受けてストレスを感じる方も少なくないようです。
しかし、シリコンバッグを抜いた直後であるのならバストラインにショックを受けることもストレスを感じることも少なく済みます。しぼんだ自分のバストに数カ月付き合う必要もありません。

シリコンバッグ除去と脂肪注入豊胸について

・シリコンバッグを抜いてからすぐに脂肪注入豊胸術を行いたい!という方が多いようですが、断られる場合がある。
・カプセルとはシリコンバッグの豊胸手術を行った際にできたコラーゲンの被膜を指します。
・3カ月待てばこのカプセルが閉じるという訳ではなく、3カ月待とうが10年待とうがカプセルは閉じない。
・シリコンバッグを抜いた日と同日に脂肪注入豊胸術を受けた方がいい。


いかがでしょうか?シリコンバッグを抜いた直後だからこそ脂肪注入豊胸を受ける大きなメリットがあるという訳の様です。豊胸手術をお考えの方は、クリニックの判断や美容整形失敗を避けるための方法として知っていると便利かもしれませんね?


PAGE TOP