ボトックス注射でエラを小さくできる!受ける前に何を知ればいい?

輪郭形成

エラを小さくした女性

顔の張りはエラボトックスという選択肢があります

エラが張っていると、顔が大きく見えてしまいます。

これは骨格が原因の場合もありますが、もう一つ別の理由があります。それは咬筋が発達しすぎたというものです。

咬筋とはいわゆる口の筋肉であり、噛む力を支えてくれます。

しかし、無意識に歯を食いしばる方などはこの咬筋が発達し、咬筋が張ることでエラが張ってしまいます。

実はエラ張りの原因はこの咬筋である場合が多く、この場合はエラ削りをせずとも構いません。

このよう場合は、わきが(ワキガ)治療やしわ(シワ)の治療などで使用されるボトックス注射を用います。

咬筋にボトックス注射をすることで張ってしまった筋肉を弱め、輪郭をスッキリとさせます。

選択肢

エラボトックスはどのようなメリットがあるのでしょう?

ボトックス注射はプチ整形と呼ばれ、ダウンタイムや料金などを抑えることができます。

エラ削りの場合だと、腫れや内出血を伴いますがボトックス注射はその心配もありません。

切開を行わないため、傷跡が残ってしまうリスクも回避できます。

切開を行うような施術の場合は、腫れが長く続いたり包帯などで固定しなくてはいけないため、どうしても1週間ほどの休みを取らなくてはいけない場合が多いです。

しかし、実際はそんな長期休みを取れる方というのは少ないため、忙しい女性に向いた施術だといえます。

忙しいキャリアウーマン

エラボトックスを受ける前に知りたい本当の話とは?

ボトックス注射は1回行うことで、半年程度の効果を持ちます。

1回の施術料金は10万円から20万円ほど、ダウンタイムもほとんどありません。

ただ、長期的な効果を求めるのならばボトックス注射は定期的に受ける必要があります。

しかし、あまりに定期的に受けると結果的に施術料金が高くなってしまいます。

だからと言って安いボトックス注射を受けようとすると、材料が異なるボツリヌストキシンが使用されている可能性もあります。

また、小顔になりたいからとたくさんボトックスを注入すると、顔面麻痺や老け顔になるなどといった可能性があります。

そのような怖い症例を避けるためにも、少量を入れて、ゆっくりと変化を見ていった方が良いのです。

日にちを開けながら少量を注入するというクリニックもあるため、そのようなボトックスの入れ方を行うクリニックを選びましょう。

エラボトックス施術のまとめ

  • 咬筋が発達してエラが張ると、顔が大きく見える。
  • ボトックス注射は、ダウンタイムはほとんどない。
  • 定期的に受けると結果的に料金が高くなることも。
  • 怖い症例も起こりうるため、少量ずつ注入した方がいい。


エラボトックスは、多くの芸能人も行っている施術です。


PAGE TOP