目の下のふくらみがあるだけで5歳も老けて見える?瞼の脂肪を移動させるハムラ法でアイメイクも簡単に。

二重まぶた形成, 目もとのアンチエイジング, 目・目元・二重形成

ハムラ法について驚く女性

目の下に出来たふくらみを解決するのは切除だけではありません。

目の下のふくらみがあるだけで、一気に年を取って見られます。ひどい場合5歳も歳をとって見られる場合も。

基本的には目の下のふくらみを切除する下眼瞼脱脂(かがんけんだっし)を行いますが、目の下が少しくぼんでいる方の場合はそのくぼみに脂肪を移すという施術もあります。この施術を、ハムラ法と呼びます。

すなわちハムラ法というのは、加齢と共にできてしまう目の下のふくらみと、目のくぼみを一緒に解決させることができる施術というわけです。

膨らんでいる部分とくぼんでいる部分の差を埋めることで、その段差の陰でできてしまっていたクマを解消することができます。

また、ハムラ法で施術を行う際に目の下にあるくぼみとふくらみの差が無くなるため、目元がスッキリとするだけではなく一気に若返ります。

その際、脂肪を移動させる際に余分な皮膚は取り除きます。

また何よりもうれしいのがこの施術には持続性があるというもの。効果は非常に長いために、多くの指示を受けているのです。

ハムラ法のダウンタイムとその料金。またどんなことを気にするべき?

施術後のダウンタイムは2週間ほどで、最初の1週間で抜糸をします。稀に赤みが2カ月ほど続く方もいますが、ほとんどありません。

また、抜糸をした後はアイメイクができるため腫れをカバーすることができます。

ハムラ法の施術料金は切開を伴うために料金が高く設定をされています。目安は30万円から40万円ほど。ただし麻酔によって値段が代わってくるため、クリニックによって細かい値段が変わってきます。

切開するために傷跡が残ることを考えられる方が多くいますが、しっかりと技術を積み重ねた医師が行えばその心配はありません。

施術を受ける際には、まず技術ある医師たちの情報をしっかり集める必要があります。

まぶたに溜まった脂肪を移動させるハムラ法とは?

  • ハムラ法は、ふくらみに溜まった脂肪をくぼんだ部分に移動させる。
  • クマ除去や、若返り効果、目元をスッキリさせる効果あり。
  • ダウンタイムは2週間ほど、稀に2カ月ほど長続きする場合も。
  • 施術料金は麻酔によって変わってゆきます。


また、ハムラ法にはまぶたの裏側から切開をする方法もあります。


PAGE TOP