二重まぶたを作る埋没法の1つ・瞼板法(けんばんほう)とは?値段やクリニックで保証は効く?

二重まぶた形成, 目・目元・二重形成

瞼板法(けんばんほう)とはどんな埋没法?行うクリニックは?

瞼板法(けんばんほう)はどんな施術?挙筋法(きょきんほう)による埋没法と何が違うの?

二重まぶたを作る埋没法の施術には、挙筋法(きょきんほう)瞼板法(けんばんほう)の2つの術式があります。そのうち瞼板法(けんばんほう)という施術は、まぶたの中にある組織の1つ・瞼板に専用の糸を通して結び付け、二重まぶたを人工的に作る方法です。

瞼板法(けんばんほう)は挙筋法(きょきんほう)による埋没法に比べて施術時間が短くすみ、まぶたも腫れにくいためにダウンタイムが非常に短くすみます。なるべくまぶたが腫れないようにしたいという方に向いた埋没法です。また、埋没法で二重まぶたを作ったはいいけれど、何かトラブルが起きた場合に対処しやすいのは瞼板法(けんばんほう)による埋没法なため、瞼板法(けんばんほう)しか行っていない美容クリニックもあります。

瞼板法(けんばんほう)は施術時間が短く、仕上がりがナチュナルです。瞼板法(けんばんほう)は、軟骨のように固い瞼板(けんばん)に糸を通すためしっかりとした二重まぶたを作ることができます。

埋没法をクリニックで行う画像

二重まぶたを作りたい!瞼板法(けんばんほう)による埋没法が向いている方とは?

埋没法と一言で言っても、施術方法は2つあります。その内このような方には瞼板法(けんばんほう)による埋没法が向いているといえます。

  1. 埋没法をして二重まぶたを作っても、何かあったときに対処しやすい施術を受けたい方。
  2. まぶたを持ち上げる筋力が弱まる眼瞼下垂(がんけんかすい)は避けたい方。
  3. 腫れからくるダウンタイムは、極力短くしたいという方。

このような方は二重まぶた施術を望む場合、瞼板法(けんばんほう)を選んだ方がいいかもしれません。受ける際はカウンセリングを事前に受けておくことで、気になることがあればしっかりと質問をすることができます。

埋没法にクリニックが入れてる保証

値段はどれくらい?保証は聞くの?瞼板法(けんばんほう)による埋没法を受ける前に知っておいてほしいこと

埋没法は一度行うと永久的に安全という訳ではなく、場合によっては結び目が眼球にあたってしまうこともあります。そういった場合は抜糸がしやすいのは瞼板法(けんばんほう)です。では、瞼板法(けんばんほう)のリスクや値段などはどれくらいなのでしょうか?

瞼板法(けんばんほう)による埋没法は、挙筋法(きょきんほう)と比べて施術時間が短くすみます。痛みや腫れによるダウンタイムもまた短くすむために、極力ダウンタイムを短くしたいという方に向いた施術ではありますが、瞼板法(けんばんほう)は挙筋法(きょきんほう)と比べて糸が飛び出して眼球を傷つけやすいというリスクがあります。

また、瞼板法(けんばんほう)は挙筋法(きょきんほう)と比べて、まぶたが垂れ下がり目が開きにくくなる「眼瞼下垂」のリスクが低いです。瞼板法(けんばんほう)の料金は10万前後とされており、料金は手軽ながらもしっかりと効果を出してくれます。細かい値段はクニリックによって変わってきますが、10万円前後という値段を目安と考えましょう。

ただ、瞼板法(けんばんほう)や挙筋法(きょきんほう)に限らずに、埋没法はいずれ二重ラインが薄くなったり、稀にではありますが糸が切れる。糸が外れるなどといったことがあります。ラインが薄くなりだすのは3~5年というため、そのたびに10万前後の金額を払うのはと考えられる方が多くいます。

しかし、今は多くのクリニックが埋没法に対して保証制度を敷いています。どういう事かというと、二重のラインが薄くなった場合や糸が取れてしまった場合は無料で施術し治してくれるという、嬉しいサービスです。
クリニックによっては何年以内に取れた場合と年数に有限なものもありますが、永久保証として取れた場合は何回でも施術しなおしますというところもあるようです。

ただ、瞼板法(けんばんほう)と挙筋法(きょきんほう)は、どちらが二重まぶたのラインが取れやすいかというのはクリニックによって意見が異なるようです。そのため瞼板法(けんばんほう)しか施術を行っていないクリニックもあれば挙筋法(きょきんほう)しか施術を行っていないクリニックもあります。どちらの施術も行っているというクリニックも多くあります。これは有名なクリニックもそうなっております。

ただ、大事なのは医師の腕前であり、クリニックによって行う埋没法は変わりますが仕上がりそのものに大きな差はありません。一番いいのは複数のクリニックにカウンセリングをうけて、医師に自分はどんな埋没法がいいのかという意見を集める事かもしれません。

埋没法の1つ、瞼板法(けんばんほう)のまとめ。

  • 瞼板法(けんばんほう)とは、瞼板(けんばん)に糸を通す埋没法。
  • 瞼板法(けんばんほう)でも挙筋法(きょきんほう)でも、埋没法に関し、多くのクリニックが保証を持ってくれる。
  • 瞼板法(けんばんほう)は腫れにくく、挙筋法(きょきんほう)に比べてダウンタイムも短い。
  • クリニックによって、行う埋没法は変わってくるが、仕上がりは大きな差はない。


保証を持っているのか、どんなタイプの保証なのか。しっかりカウンセリングを受けてから情報収集をしましょう。


PAGE TOP