まぶたが腫れぼったいという悩みを解決!一重まぶたを解消して二重まぶたをつくるROOF切除とは?

目・目元・二重形成

二重まぶたをつくるPOOF法とは?

ROOF切除は上眼瞼脱脂(じょうがんけんだっし)と似ている?それとも違う?

日本人は一重の割合が高い人種です。そのため自分の瞼が腫れぼったく感じる方も非常に多くいらっしゃいます。まぶたの脂肪を取ることで腫れぼったさは解消されます。この治療法を上眼瞼脱脂(じょうがんけんだっし)と呼びますが、この施術ではまぶたの腫れぼったさが取れないという方もいらっしゃいます。

この場合は、原因はもっと別の所にある脂肪を取り除くことで、まぶたの腫れぼったさを解消することができます。それがROOF切除と呼ばれる施術です。ROOF切除では上眼瞼脱脂(じょうがんけんだっし)とは違い、まぶた全体が重たい感じの方に向いている施術となります。

まぶたの腫れぼったさを作る原因が、皮下脂肪である可能性もあります。その場合だと上眼瞼脱脂(じょうがんけんだっし)ではまぶたの腫れぼったさは解決できません。しかしROOF切除をすることでまぶた全体を重い印象から解放します。まぶたの厚みが取れることで、二重まぶたが綺麗にできるのです。

切開法とセットにされるROOF切除。ダウンタイムとその料金は?

ROOF切除は、基本部分切開もしくは全切開とセットで行われる施術です。その為ダウンタイムは少し長く、2週間ほど腫れが続き、そのうち1週間は強く腫れてしまいます。完全に腫れが無くなり、理想の目元になり切れるにはおよそ半年ほど時間を必要とします。

ただ、その半年間ずっと腫れているという訳ではありません。ダウンタイムは施術後2週間ほどだけのため、強い腫れが引いたらメイクでカバーが可能となります。「半年も!?」と思われたかもしれませんが、実際は最初の2週間を乗り切ってしまえば問題ありません。

切開法とセットに行われる施術なため、料金は20万~30万円を目安に考えていてください。施術を受ける前に一番大事なのは、納得するまでカウンセリングを受けることが大事になります。疑問に思っていることは全部解決する。そしてその問題すべて解決してから施術を受けてください。

ROOF切除とはどんな施術なのでしょう?

  • ROOF切除は切開法と一緒に行われることが多い施術。
  • 上眼瞼脱脂(じょうがんけんだっし)では解決できない腫れぼったいまぶたをスッキリさせる。
  • まぶた全体が重たい印象を持った方に向いた施術。
  • ダウンタイムと料金は、切開法を基準にしている。


ROOF切除は難易度が高い施術と言われています。確かな技術力を持ったクリニックで受けましょう。


PAGE TOP