下眼瞼脱脂(かがんけんだっし)整形でアンチエイジング効果を発揮!厄介な目の下のたるみを安全に解消します!

目もとのアンチエイジング, 目・目元・二重形成

目の下のたるみ解消でイナス5歳!下眼瞼脱脂(かがんけんだっし)整形とは?

目の下にたるみがあるだけで一気に老けてしまったような印象があります。目は特に人に印象を与える部位でもありますから、芸能人をみていると目の下のたるみがある人は「老けた…?」と思ってしまいますよね?実際、目の下のたるみがあると老けて見られるため、目の下のたるみを解消する様々なセルフケア方法が紹介されています。

ですが目の下のたるみを確実に解消する整形が、実はあるのです。下眼瞼脱脂(かがんけんだっし)は、目の下のたるみを改善する整形施術です。下眼瞼脱脂(かがんけんだっし)は読んで字のごとく、脂肪を除去する整形となりますが、そもそも目の下のたるみを作ってしまう原因とは何でしょうか?これは、眼窩脂肪という脂肪が眼球に押し出されることでたるみができてしまうのだそう。そもそも眼窩脂肪というのは、眼球と骨が直接当たらないようにクッションとなっている大事な役割を担ってくれています。

眼窩脂肪は皮膚や筋肉が抑え込んでいるのですが、歳を重ねることで筋力や皮膚の弾力が弱くなることと重力が加わることで、眼窩脂肪が押し出され、目の下のたるみをつくってしまいます。下眼瞼脱脂(かがんけんだっし)はそのでてきてしまった脂肪を除去することで、たるみを解消しアンチエイジング効果を発揮してくれる整形施術といえるようです。

下眼瞼脱脂(かがんけんだっし)でアンチエイジング

下眼瞼脱脂(かがんけんだっし)はどんな風に整形施術をおこなっていくの?

基本的に下眼瞼脱脂(かがんけんだっし)は、まぶたの裏から整形施術を行います。まぶたの裏側を切開して余分な脂肪を取り除き、まぶたをスッキリとさせます。まぶたの裏側から施術を行うため、傷跡は目立ちません。また、最近ではレーザーメスを使って下眼瞼脱脂(かがんけんだっし)を行うというクリニックもあるのだとか。

レーザーメスを使うことで傷跡は目立たないどころか残りません。取り除くことで5歳ほどは若返って見えるうえ、黒ずんだクマも目立たなくなります。

下眼瞼脱脂(かがんけんだっし)でたるみ解消

下眼瞼脱脂(かがんけんだっし)をしない場合もある?目の下のたるみを解決するには?

ダウンタイムは3~5日ほど。少しの間腫れが続き、1週間ほどすれば腫れが引き落ち着きます。他の切開を伴う施術に比べるとダウンタイムは短めになります。そのため比較的手軽に受けることができる切開施術ともいえるでしょう。

この施術にかかる料金はおよそ30万円ほど。またクリニックによっては使う麻酔によって料金が変動する場合もあります。施術を受ける際に料金を重要視したい方はこのことについてははしっかり頭に入れて施術を受けるべきといえます。

ただ、目の下がたるんでいるからと言って、すべてが下眼瞼脱脂(かがんけんだっし)を行うことでスッキリするわけではありません。目の下の弛み具合を医師が見ることで、単純にたるんだ部分の皮膚を切開して引き延ばせばいいのか、脂肪を取り除かなくてはいけないのかが変わってきます。下眼瞼脱脂(かがんけんだっし)を受ける際は、技術力がしっかりしている医師とのカウンセリングを受けましょう。

  • 老けて見える目のふくらみを解決する施術。
  • 切開をしますが、ダウンタイムは1週間ほどと短く済みます。
  • 施術料金は30万円ほど。麻酔によって値段は変わります。
  • 下眼瞼脱脂(かがんけんだっし)とはどういう施術?


カウンセリングは1つの医院で受けて満足するのではなく、いろんなクリニックでカウンセリングを受けることで施術の理解度を深めることが大切です。


PAGE TOP