埋没法と切開法を考えているなら知ってほしい!二重まぶた整とよくセットで行われる上眼瞼脱脂(じょうがんけんだっし)とは?

二重まぶた形成, 目・目元・二重形成

二重まぶた整とよくセットで行われる上眼瞼脱脂(じょうがんけんだっし)とは?

日本人の7割は、一重まぶただと言われています。寒い気候から目を守るために、まぶたに厚い脂肪が出来てしまうことで一重まぶたがつくられるのだそう。つまり二重まぶたの方は、まぶたの脂肪が薄いためにはっきりとした二重まぶたのラインが現れるようです。

そのため、二重まぶたを作る整形である切開法や埋没法と合わせて、上まぶたの脂肪を取り除く上眼瞼脱脂(じょうがんけんだっし)を行う人も多くいます。二重まぶたの構造はまぶたの脂肪が薄いというのに加えて、まぶたの中で枝分かれした筋肉と皮膚が癒着していることで、まぶたがしっかり持ち上がります。

切開法や埋没法は、この二重まぶたを作る枝分かれした構造を作り上げます。ただ、切開法や埋没法が二重まぶたになれる方法ではあっても、これだけでは理想の二重ができるという訳ではありません。

まぶたに腫れぼったさがある方や重みが出ている方はたるんだ皮膚を切除したり、脂肪を取り除く上眼瞼脱脂(じょうがんけんだっし)を行います。また、二重まぶただけどまぶたの脂肪が多いという方にも、上眼瞼脱脂(じょうがんけんだっし)のみを行う場合があります。

上眼瞼脱脂(じょうがんけんだっし)は軽度のまぶたの腫れぼったさを感じている方に特に向いた整形といえるようです。

埋没法が長続きする!?上眼瞼脱脂(じょうがんけんだっし)を行うメリットとは?

上眼瞼脱脂(じょうがんけんだっし)を行うことで、どんなメリットが見られるのでしょうか?埋没法に上眼瞼脱脂(じょうがんけんだっし)を組み合わせることで、埋没法で作る二重ラインを長持ちさせることができます。埋没法による二重まぶたはプチ整形として知られ、手軽にかつ安全に受けることができる整形です。

ただ、埋没法は数年ほどしか効果を出さないというデメリットも持っている整形。そんな埋没法のデメリットを上眼瞼脱脂(じょうがんけんだっし)でうまくカバーすることができるようになります。さらに脂肪を取りだすとは言っても、二重まぶたのラインが傷ついてしまうことはなく、埋没法でラインが癒着しやすくなるというメリットもあります。

上眼瞼脱脂(じょうがんけんだっし)のダウンタイムや料金など知っておきたいこと

ダウンタイム

上眼瞼脱脂(じょうがんけんだっし)を行う際、ダウンタイムは整形の仕方によっても変わってきます。小さく切開をするくらいでいいのなら3~5日ほど、大きく切開をする場合だと1週間ほど腫れが続き、そのうち3日は強く腫れるようです。

ただ、大きく切開するとは言っても3mmほどの切開であり、小さいものならば針穴程度となるようです。それに加えて、顕微鏡や拡大鏡を使った整形を行えば傷跡の心配は最小限で済むようですから、傷跡が心配な方はこのような医師を選ぶといいのかもしれません。

料金

また、上眼瞼脱脂(じょうがんけんだっし)は基本埋没法や切開法と一緒に行う整形なため、埋没法か切開法のどちらかを選ぶことで料金は大きく変わります。埋没法が10万前後、切開法が30万前後なので料金も10~30万円以上と考えた方がいいでしょう。

トラブル

ただ、気を付けてほしいのがまぶたの腫れぼったさを作るのがまぶたの脂肪だけではないということ。腫れぼったさを作るのは皮下脂肪の可能性もありますから、その場合は皮下脂肪を取り除くROOF切除をしなくてはいけません。トラブルとしては、変化がわからない。皮膚がたるんできたなども上がってきているようです。

埋没法と切開法。自分がどちらの二重まぶた整形と組み合わせて上眼瞼脱脂(じょうがんけんだっし)を受けた方がいいのかは、カウンセリングを行うと医師が丁寧に教えてくれるはずですから、まずはカウンセリングを受けることをお勧めいたします。

上眼瞼脱脂(じょうがんけんだっし)のまとめ

  • 埋没法や切開法と共に行われることが多い上眼瞼脱脂(じょうがんけんだっし)。
  • まぶたの脂肪を取り除くことで、きれいな二重まぶたを作ることができます。
  • 上眼瞼脱脂(じょうがんけんだっし)は埋没法を行うのか切開法を行うかで料金が大きく変わる。
  • 元から二重まぶたの方でも、上眼瞼脱脂(じょうがんけんだっし)のみ受けることができます。


カウンセリングを受けることで、自分にとって上眼瞼脱脂(じょうがんけんだっし)かROOF切除のどちらがいいかを、はっきりさせることができます。


PAGE TOP