モデルや女優たちが今熱く支持をしている!目頭切開による整形を分かりやすく解説!

目・目元・二重形成, 目頭切開・目尻切開


え、あの人も!?美しさや可愛らしさの象徴である女優さんやモデルさんたちのあの綺麗な目は、実は目頭切開による整形を受けて実現したという方が多くいます。目頭をたった1mm切開するだけでガラリと印象を変えて目を大きくすることができる目頭切開による整形法。これはいったいどんな整形法なのでしょうか?

女性たちが知りたい目頭切開の効果や整形方法、受ける前に知っておいてほしいことなどをまとめました。目頭切開に憧れている・目頭切開を受けようかどうか悩んでいる・目頭切開とはそもそもどんな整形なの?と考えていらっしゃる女性たちにもわかりやすくまとめてみました。

目頭切開とはどんな整形?どんなに風に変わるの?

目頭切開を行うことで、顔の印象をガラリと大きく変えることができるようになります。目頭がほんの1mmほど変化するだけで目が大きくなり、印象がぐっと変化します。これは何故かというと、蒙古ひだで隠れていた涙丘(るいきゅう)が表に出てくるようになるから。私たち日本人を含むアジア人には、目頭に「蒙古ひだ」というものをもっています。目頭の部分を覆うこのひだは、涙丘(るいきゅう)と呼ばれる目頭のピンクの部分を覆ってしまうために蒙古ひだによって目が小さく見えてしまいます。

ひだがあるとメイクが映えにくいという面から、このひだを解決する整形を受けたいという女性たちが多いようです。その整形が、目頭切開となります。目頭切開は目が大きくなる。鼻筋が通りメリハリのある顔つきになるといったメリットがあります。

目頭切開は、一般人だけではなく女優やモデルでも受けた人が多いということから、ますます一般女性からの支持を受けている美容整形となります。目頭を切開することで、隠れてしまった涙丘(るいきゅう)をはっきりと出します。切開をすることで、目の幅が広がり目が大きくなったという印象を与えます。すると必然的に黒目が強調され、可愛らしい印象を手に入れることができるのです。

日本人の殆どが持っている「蒙古ひだ」を切開することで、ヨーロッパ人のようなお人形さん風の顔立ちに近づくカンジとなります。

整形方法の画像

目頭切開の整形法とはどんなのもがあるの?

目頭切開にはZ法・リドレーブ法・W法という3つの整形方法があります。

目頭切開・Z法

Z法は患者さんの希望通りに調整しやすい整形であり、きれいな目頭を実現しやすい整形といえるようです。ただし傷跡が少し残りやすくなってしまいますが、最終的には傷跡が目立たなくなる整形だとも言われています。

目頭切開・リドレープ法

リドレープ法はZ法よりも傷跡が目立ちにくく、大きな変化を求める場合の目頭切開に向いた整形だといえるようです。ダウンタイムが長い整形であり、後戻りをしやすいとも言われています。

目頭切開・W法

W法は後戻りが少なく、きれいな切れ目の目元を実現しやすい整形となります。W法は最も効果を出す整形とも言われていますが、傷跡が残りやすいという点もあります。

ただ、自分の目頭を医師に確認してもらい、自分はどんな目頭切開を受けたらいいかを聞いてみるのもアリです。場合によっては目頭切開を受ける必要性のない目元の可能性もありますからね?

目頭切開を受ける女性の画像

目頭切開を受ける前に知っておきたいこと

ダウンタイム

目頭切開のダウンタイムは短くても1週間はかかります。整形を行った後に抜糸をしますが、抜糸は整形を行ってから1週間後となります。アイメイクは、抜糸後の翌日からとなり、そのため抜糸するまでは傷が隠せないこととなりますが、クリニックによっては肌色のテープを張ってくれるところもあるようです。

そしてそこからさらに1週間後以上すると少しずつ腫れが引いてゆき、完全に理想の目元となるは、数カ月ほど時間がかかるようです。目頭切開は難易度が高い整形と言われ、目頭切開をもし行う場合はきっちりと経験を積み重ねたドクターが働いているクリニックを探すことが大切になってきます。

料金

目頭切開の料金は片目が10万円前後、両目で20万円から30万円前後はかかる様になります。ただし安すぎるクリニックは技術よりも安さでお客さんを集めようとしているクリニックですので、そのようなクリニックは避けた方が賢明といえます。

目頭切開による整形のまとめ

  • 目頭切開では「蒙古ひだ」を切開することで、目を大きく見せる整形。
  • 目頭切開は、たくさんの女優やモデルが受けており指示を受けている。
  • 目頭切開のダウンタイムは短くても1週間ほど。アイメイクは抜糸後から。
  • 安いクリニックは技術より値段を売りにしているため、避けた方がいい。


目頭切開の整形は、今やたくさんの女優さんやモデルさんが受けています。目頭切開を受けることで、思わずドキっとしてしまう目元を手に入れてみませんか?


PAGE TOP