上まぶたがたるむと10歳老けて見られる!?若返る美容整形とは?

目もとのアンチエイジング, 目・目元・二重形成

長年生きてしまうとたるんでしまう上まぶた。改善できますか?

もう若いと呼ばれない年齢になるまで生きていると、加齢と長年体に受けてきた重力によって体の皮膚というものは、たるんでしまいます。顔の印象を決めると言われる目。それを覆うまぶたも容赦なくたるむため、上まぶたの皮膚が垂れ下がると大きく年を取っているように見えてしまいます。

上まぶたがたるんでしまうと、自力で改善するのは非常に大変です。だからこそ、上まぶた切開法というたるみ取りの施術があります。まぶたのたるみを取り除く際、たるみの原因となってしまう余分な脂肪や皮膚を取り除きます。自分はまだたるんでいないから大丈夫!という方でも、二重の幅が狭くなってしまったという方はまぶたがたるんできてしまっている証拠となります。

こんなにもある!上まぶたのたるみを改善すると起きるメリット。

上まぶたの皮膚を、二重のラインに沿って切開し、そして余分な脂肪や皮膚を取り除き縫い合わせます。実にシンプルな施術ではありますがその効果は絶大。人によっては見た目年齢より10歳は若返って見える事もあります。その上二重になりたいという方には二重まぶたを手に入れることができるため、まさに一石二鳥といえます。

元来二重の方は、目立ちにくくなってしまった二重のラインをしっかりと戻すことができるようになれます。まぶたのたるみによって視界が狭まり、以外にも頭痛や肩こりを呼んでしまう場合もあります。
そういったものの改善にも大きく貢献してくれるのです。

上まぶたのたるみ取りを考えているのだけれど…。どういうもの?

  • 加齢でどうしてもたるんできてしまう上まぶた。それが原因で老けて見られる。
  • 二重のラインが薄くなってきた…と思ったら上まぶたがたるんできている。
  • 人によっては10歳ほど若返って見える、上まぶたのたるみ切開。
  • 視界が狭まることで起きていた、肩こりや頭痛も改善につながる。


施術を行う際、片目ずつ行ってくれるところもあります。ダウンタイムの期間中、眼帯で目を隠せば施術の腫れも見られません。


PAGE TOP