メイクを落としても長く続く、完璧な二重を実現できます!部分切開法のあれこれ

二重まぶた形成, 目・目元・二重形成

理想な二重に喜ぶ女性

多くの方がやっている二重メイク。この手間を整形で省けます。

今多くの若い方が、メイクで二重を作っているほどに大人気な二重。ですが二重を作るのはメイクだけではなく、美容整形でも作ることができるのです。

美容整形を選択する方で意見が多いのが、「二重を毎朝作るのが面倒だから」「メイクを落としても二重でいたいから」というものです。

二重を作る施術のうち、メスを使う施術を切開法と呼びます。

メスを使わず専用の糸をつかって二重を作る施術を埋没法と言います。

切開法の方法の1つに部分切開法というものがあり、これは切開法と埋没法の要素を取り入れた施術です。

部分切開法の施術方法は、まずまぶたの皮膚を数ミリほど切開し、二重を作りやすいよう瞼の中の環境を整えます。

そして内部組織を医療糸で縫いつけることで皮膚組織を癒着させ、二重を作ることができます。

部分切開法の一番大きなメリットは、埋没法の施術法を使いながらも、埋没法のように一重に戻る心配がないというもの。

埋没法の場合は二重ラインが薄くなったり、二重を作る糸が緩んでしまうことで一重に戻ることが多い施術。

しかし部分切開の場合は、使用する糸は体に溶け込むものが殆どのため、その心配はありません。

解けるころには皮膚組織がしっかりくっついているため、埋没法よりもずっと長い効果を期待できるのです。

部分切開は、埋没法とどう違う?料金はどう変わるの?

部分切開法という名前のために、メスを使って切開をする施術となります。

だからこそ、多くの方が気になるのはダウンタイムの長さ。また、眼球を傷つけることはないのかという意見もよく見られます。

メスを使うは使いますが、切開する範囲は数ミリから1cmほどとごく小さな切開範囲なので、1週間ほどという短さで済みます。

埋没法に比べて料金は少し上がり、両目で20万前後が目安となります。

埋没法を受けようと思ったけれど、戻るのが嫌。でもダウンタイムは短くしたいという方に向いた施術といえます。

全切開法と埋没法のいいところを取った施術が、部分切開法といえます。

ダウンタイムを短く、そしてずっと長く続く二重でいたい。

  • 今たくさんの若い女性が、メイクで二重を作っている。
  • メスを使いけれどダウンタイムが短い施術。部分切開法
  • 部分切開法は埋没法と全切開法のいいところを持った施術。
  • ダウンタイムを短く・ずっと二重でいたい方に向けた施術。


ただ、安く二重整形を行うクリニックにはご用心を。基本は20万前後です。


PAGE TOP