クマの原因と改善まとめ。若返りのために知りたい3種類のクマとは?

目もとのアンチエイジング

間のクマの種類と原因、改善法の簡単まとめ

クマの種類と原因はそれぞれ違う!どんなクマがあるの?

毎日を忙しく過ごし、鏡をのぞき込んだ時に自分の顔を見てびっくり!いつの間にか目の下にできてしまう「クマ」。クマがあるだけで一気に老けて見られたり心身共に疲れて見えたりするため、健康的で若々しい魅力あふれる女性とは程遠い印象を与えます。

クマといえば寝不足というイメージが強いため、ぐっすり眠ればきれいに治る!と思っている方も非常に多くいらっしゃるようですが、実際にぐっすり眠ったとしてもクマが治ったりしないことも多いですよね?寝不足もクマを作る原因の1つではありますが、実はクマは単純に寝不足だけが原因という訳ではなく、他にもいろんな原因が存在し、原因ごとにクマの色も変わってくるようです。そのため「できたクマは睡眠不足を何とかすれば綺麗になるよね!」ではなくクマの色によって対応方法を変えていく必要性があるみたい。

クマの厄介なところは一度できてしまうとなかなか消えてくれないという点にあります。コンシーラーなどを使えばある程度消すことは出来ますがスッピンの状態でもクマのない表情でいたいものですよね?今回はクマの種類と原因、そして誰でも簡単にできるケア方法についてまとめてみました!

クマの種類は大きく分けて「茶クマ」「青クマ」「黒クマ」の3つに分けることができます。

茶クマは色素沈着が原因のため、触ったり向きを変えたりしても特に何かしらの変化がでないのが特徴の様です。青クマは血行不良が原因とされています。目の下を触ってみた時に、クマの色が変化するのが特徴の様です。黒クマはたるみや皮膚のくぼみが原因とされており、顔を上げた際にたるみが消えて、クマが目立たなくなるのが特徴の様です。

茶クマ原因と解消法

茶クマの原因

茶クマは皮膚の色素沈着が原因とされています。そもそも目の下の皮膚は非常に薄いためにかなりデリケート。紫外線や目を擦った際の摩擦でもダメージを受けてしまい、結果色素沈着を起こして茶クマとなるようです。

  • ごしごしと顔を擦るような洗顔やメイクをしている。
  • 日焼け止めクリームを日常的に使わない。
  • 古い化粧品や肌に合わない化粧品を使い続けている。

このようなことが原因となり、色素沈着を引き起こし結果的に茶クマにつながるのだとか。

茶クマの解決法

茶クマはこのような原因のため、茶クマにはシミ対策と同じ方法を取ることで改善することができるようです。1年中のUvケアを行うことで色素沈着を避けることができ、茶クマを避けることができるようになります。また、茶クマの正体はいわばシミなので美白を行うことで解決へと導けるようです。ビタミンC誘導体などの成分が入ったものを使うことで茶クマを改善してゆきます。

さらに茶クマは洗顔やスキンケアの際に肌に負担をかけないようにすることで避ける事ができるようになります。また、美肌を作るビタミンCが多く含まれる食べ物(ブロッコリーやトマト・アセロラなど)を積極的に摂ったりビタミンCのサプリメントを取ることで美肌を作り、茶クマ対策へつなげることができるようになります。

青クマの原因と解消法

青クマの原因

青クマはクマの中でも最も多く、寝不足や疲労、ストレスなどで血行不良を起こしできるクマです。いわゆる寝不足=クマで出来るのはこの青クマです。ほかにもドライアイや目の疲れなども青クマの原因とされているのだとか。特に色が白くかつ10代の方に多く、皮膚が薄い方も青クマが目立ちやすいようです。

青クマの解決法

血行不良が原因のため、血行促進をさせることが効果的なようです。目の下の血流をよくするために、ホットタオルを目の上にのせれば目の疲れを解消しつつ血行を良くすることができ青クマを改善することができます。
また、血行を悪くしてしまう冷たい食べ物や飲み物は避け、水分補給をしっかりと行うことも青クマ対策につながります。

黒クマの原因と解消法

黒クマの原因

黒クマはいわば加齢が原因で出来るクマというべきかもしれません。黒クマの場合は下まぶたの皮膚にたるみが生まれてしまうことで影がクマのようになってしまい黒クマとなります。黒クマはいわばたるみから生じてしまう影のため、コンシーラーでどうにかしようというのは出来ません。
加齢に伴い下まぶたの皮膚が薄くなったうえに、コラーゲンが減ってしまうことで皮膚がたるみ黒クマとなってしまうようです。

黒クマの解決法

黒クマはいわば加齢によるたるみやコラーゲン不足が原因なので、レチノール配合化粧品を買ったりピーリングを行うことでコラーゲンを強化できます。さらに、黒クマは目の下の筋肉が緩んでしまうことが始まりのため、表情筋のトレーニングを行うことで黒クマ解消につながります。

ただ、クマは非常にできやすいのに一度できるとなかなか解決しにくい厄介者。そのためクマの解消法として美容クリニックでの美容整形を受けるという方法もあります。この場合黒クマや茶クマ、青クマ関係なくクマを解消することができるようです。

クマの種類と原因・改善法まとめ

・クマには3種類あり、黒クマ・青クマ・茶クマとある。
・茶クマの場合、色素沈着が原因のためシミ対策方法が効く。
・青クマは一般的なクマで血行不良によってでき、疲労や寝不足が原因とされている。
・黒クマはたるみによる影によってできるクマ。


いかがでしょうか?クマの原因と言ってもいくつもあり、単純に寝不足だけを気を付ければクマが消えるという訳ではないようです。


PAGE TOP