フェイスリフトにはどんな施術法があるの?糸を使うってどういう事?

フェイスリフト・スレッドリフト, 効果もリスクも高いフェイスリフト, 効果・リスクの幅が広いスレッドリフト

フェイスリフトとはどんな美容整形?どれくらい種類があるの

フェイスリフトという言葉を崩すと、フェイス(顔)とリフト(持ち上げる)となります。つまり顔の皮膚を持ち上げることでたるみやしわを引っ張り若返らせていくという美容整形です。しわやたるみは、あるだけで見た目年齢が10歳も老けて見られるといわれていますから、アンチエイジングに励む女性たちにとっては頭が痛い話題でもありますよね?だからこそしわやたるみに効果があると言われている化粧品を使ってみたけど、結局は自分が思った通りの効果を実感できなかったという声も多くあります。

しかしフェイスリフトによる美容整形の場合は、成功をすれば化粧品以上の確かな効果を手にすることができ、一気に若返ることができます!しわやたるみを解消する化粧品を使ったし、食事にだって気を使っている。けれど期待した程効果がでなくてせっかくの努力が水の泡……。そうならないためにしっかりとした効果を得られるフェイスリフトを選択する方が、今どんどん増えてきているのです。
フェイスリフトには、メスを使って切開をする方法や糸を使ってしわやたるみを引き上げる方法、レーザーや高周波を使って方法、注射を使った方法に大きく分けることができます。

メスを使ったフェイスリフト:

メスを使ったフェイスリフトの場合は、顔のたるみやしわに深刻に悩んでいるという方に向いた美容整形です。フェイスリフトの中でも最も効果のある美容整形であり、1回の施術でしっかりと若返ることができるようになります。

SMAS法:

皮下脂肪の下にある筋膜組織・通称SMASを患者さんが望む方向に引っ張り上げてから伸びきった皮膚を除去するフェイスリフト。引き上げた皮膚は耳の裏側で縫い合わせて固定するため、目立つことはありません。

リガメント法:

リがメントとは、靭帯とも呼ばれる繊維組織。顔の皮膚を骨に固定するという役割を持っていますが、このリガメントを切断し引き上げる固定するというリフトアップ方法です。SMAS法以上の効果が出るといわれています。

前額リフト:

額や眉間のしわ、目白のしわやまぶたのたるみ解消など幅広く効果を発揮します。頭皮や髪の毛の生え際をメスで切り、眉上のの皮膚を引っ張りあげるというリフトアップ方法になります。

糸を使ったフェイスリフト:

メスを使うのが怖い、ダウンタイムはなるべく短い方がいいという方に向いた美容整形です。糸を使うことで自然な表情になることができる美容整形となります。また、特殊な糸を使うことでコラーゲンを生成し美肌をつくるという美容整形方法もあります。

スプリングスレッドリフト:

スプリングスレッドという、突起の付いた特殊な医療用の糸を使ったフェイスリフトです。伸縮性と柔軟性に優れているため、広範囲に効果を発揮します。突起が付いた糸と聞くと、お肌の中が糸の中で傷つきそうなイメージがありますが、むしろこの突起がお肌を傷つけないようにしてくれます。

ウルトラVリフト:

ウルトラVリフトの場合、体内に吸収されるタイプの医療用の特殊な糸を皮膚の下に埋め込むことで、たるんでしまった筋肉組織や皮膚を持ち上げるというリフトアップ法になります。さらにウルトラVリフトの場合は糸の刺激でコラーゲンを生成することができるという優れたリフトアップとなります。

注射や高周波・レーザーによるフェイスリフト:

切るのも糸を使うのも嫌だという方は、こちらのやり方になります。最もダウンタイムが少なく、痛みや腫れもほとんどないため、こちらの方法になります。

セルフファイバー法:

患者さん自身が持っている脂肪細胞や、総合組織を注入することでお顔にふくらみを出し、お肌にハリを出すことでリフトアップ効果を出していくことができます。アレルギー反応が起きるのではないか?などの心配もいりません。

テノール:

特殊な高周波を肌に当てることで、代謝がよくなるように促したり、コラーゲンを引き締めてお肌の引き締め効果を促します。

上記で上げた以外にも、フェイスリフトの美容整形には様々な種類があります。フェイスリフトは成功すれば10歳ほど見た目年齢が若くなれる美容整形です。たるみを作ってしまっている緩み切った皮膚や筋肉を引き上げることでしっかりと若返り効果を発揮します。ただ、どんなフェイスリフトが向いているのかは患者さんのお顔のたるみやしわの具合によって変わります。どのフェイスリフトがいいかは医師のカウンセリングを受けて診断をしてもらうといいようです。

フェイスリフトの種類まとめ

・フェイスリフトには切るタイプ・切らないタイプがある。
・切らないフェイスリフトでも、糸を使ったり注射を使ったりする。
・高周波・レーザーを使ったタイプのフェイスリフトもある。
・どのフェイスリフトが向いているのかは、医師に相談をするといい。


PAGE TOP