鼻の穴が大きいのがコンプレックス…、小鼻縮小で可愛らしい美鼻を手に入れましょう!

鼻形成(隆鼻・整鼻など)

小鼻である女性

鼻に感じるコンプレックスには、鼻の穴が気になる方もいます。

鼻整形を考えていらっしゃる方のうち、鼻の穴に関してコンプレックスを感じている方がいます。

鼻の穴が大きいことで、正面から見た際に丸見えのようではかっこ悪く、何だが残念な印象を与えてしまいます。

鼻の穴を小さくする施術に鼻翼縮小術というものがあり、小鼻形成とも呼ばれます。

この施術を行うことで、鼻が小さくなり可愛らしくなれます。

そもそも鼻の穴というのは「鼻翼(小鼻)」というものが作っています。この鼻翼(小鼻)が大きく外側に広がってしまうことで、必然的に鼻の穴が大きくなってしまうというわけです。

鼻翼(小鼻)を切開することで鼻の穴を小さくするという施術ですが、外側―つまり鼻翼(小鼻)自体を切開する方法と、内側―つまり鼻の穴側を切開する方法と2つあります。

外側を切開するというのは鼻翼(小鼻)の付け根部分を切り取ることで、鼻の広がりを小さくします。

鼻の穴が結構目立ってしまうという方は、こちらの施術を受ける場合が多いです。

鼻の穴側を切開する場合は、鼻翼(小鼻)があまり張り出ていない方向けの施術です。

小鼻形成で最も大切なのは技術よりもセンスとは?

小鼻形成は、外側を切開する場合でも傷跡が残りにくいと言われています。

それはどうしてかというと、根元を切開してつっくけるため傷口がピッタリ合わさるような形となります。

そこから縫合をすることで、根本というところもあり、傷跡はあまり目立ちません。内側切開は鼻の穴の中から切開をするため余計目立ちにくいのです。

この施術には内側を切るのか外側を切るのか、どう切開するのかといった医師のセンスが非常に問われる施術です。

これで鼻の形が殆ど決まるともされているのです。

小鼻形成は技術ももちろん大切ですが、それよりもセンスが大切だと言われています。

その為、クリニックでの実績や技術力というものも大事ですが、小鼻形成でよい口コミを集めているクリニックがいいのかもしれません。

小鼻形成をする上で、鼻の穴を小さくし可愛らしく整えます。

  • 鼻の悩みには、鼻の穴に関するコンプレックルもあります。
  • 小鼻形成では、鼻が小さくなり可愛らしくなれる。
  • 内側を切開する方法と、外側を切開する方法の2つがある。
  • センスで鼻の形のほとんどが決まる。


確かな技術力や実勢は勿論ですが、最後に一番役立つのは口コミです。


PAGE TOP