痩せる方法の1つ!脂肪吸引や切らない脂肪吸引・脂肪溶解注射の効果とは?

脂肪吸引・医療痩身

楽に痩せたい!それなら医療的に痩せる脂肪吸引を考えてみては?

単刀直入に質問をします。あなたは今、ダイエットを行っていますか?
実は5人のうち4人がダイエットを行っている・経験したことがあるという調査結果があり、「すっきりとした細い体系になりたい」「綺麗になりたい」と多くの方が願っているのだとわかります。
ダイエット法を調べると種類が豊富で、とある食べ物を中心的に食べることで痩せるというものや激しい運動を行うことで痩せるといったものがあります。ただし、ダイエット法を読み進めていくと続きそうにないものや結局リバウンドする可能性があるものばかりで、失敗をしてしまった!という情報も多いみたいです。

そこで医学的にリバウンドなしで痩せたいという願いをかなえるために、脂肪吸引や脂肪溶解注射などの治療法もあります。今回は脂肪吸引や切らない脂肪吸引・脂肪溶解注射についてどのような施術なのか・どんなメリットがあるのかなどまとめさせていただきます。

脂肪吸引や脂肪溶解注射と、皮下脂肪と内臓脂肪の関係とは?


そもそも脂肪は「皮下脂肪」と「内臓脂肪」の2つに分けることができます。
皮下脂肪はその名の通り皮膚の下につく脂肪を指します。指でつまむことができる脂肪で、皮下脂肪によって体型が変わってしまいます。その為、「太ったなぁ」という人は皮下脂肪がたっぷりとついてしまっていることになります。ちなみに皮下脂肪は外の衝撃から身を守るという役割を持っているため、妊娠という役目をもっている女性につきやすいとも言われています。

内臓脂肪はお腹の内臓周りにつきやすい脂肪であり、皮下脂肪と違ってぱっと見だけでは付いているかどうかなんてわからない脂肪でもあります。よく見た目は太っていないけど実は体脂肪率が高く、生活習慣病にもつながる「隠れ肥満」は内臓脂肪が多い方がかかる症状。女性よりも筋肉を動かす必要性がある男性にエネルギー源として付きやすいといわれているみたいです。

脂肪吸引や脂肪溶解注射で減らすことができるのは皮下脂肪のみであり、内臓脂肪は減らすことができません。脂肪吸引・脂肪溶解注射を利用することで体型をスッキリとさせることができます。内臓脂肪を減らしたいのなら、医師の管理下で行うメディカルダイエットというダイエット方法もあります。

脂肪吸引

脂肪吸引とは痩せたい部分にメスを入れた後、そこに管を入れて脂肪を吸い出し痩せていくという方法です。レーザーを使う切らない脂肪吸引や、脂肪溶解注射と比べて最も痩せやすくまた半永久的にリバウンドしにくくなる言われています!

この理由として、脂肪は脂肪細胞というものが大きくなることで太ってしまうのですが、脂肪吸引はその太る原因である脂肪細胞そのものを吸い出し減らしてしまいます。吸い出した脂肪細胞は再生することもなく、太る原因そのものが減ってしまうためリバウンドをしにくくなるといわれているみたいです。
ただ、脂肪細胞を減らすだけのため、確実に太るだろう!という生活をやっていたら残った脂肪細胞が大きくなってしまい再び太ってしまうみたいです…。

脂肪溶解注射

脂肪溶解注射とはメスを使わず、痛みもほとんどなく脂肪を減らすという効果を持ちます。脂肪溶解注射を行うことで、太っているところや皮膚がでこぼこ状態になっているセルライトを効率よく溶かし、溶かした脂肪細胞は自然と体外に排出するという仕組みのようです。また、ちょっとずつ薬剤を注入していくためピンポイントでの部分痩せや、気になるセルライトを解決することができるみたいです。

脂肪溶解注射は、通常のダイエットでは不可能と言われている部分痩せを可能にする施術であり、また手軽で安全性も高いため、非常人気があるようです。

切らない脂肪吸引

切らない脂肪吸引では超音波や高周波、レーザーを使って脂肪細胞を破壊してゆきます。壊れた脂肪細胞は自然と体外に排出されてゆき、痩身効果を出してゆきます。また、脂肪を凍らせて破壊する医療機器もあり、こちらも壊れた脂肪細胞は自然と体外に排出されてゆきます。
ダウンタイムがほとんどなく、リスクも少ないため日常の生活にすぐ復帰できるという施術になります。

脂肪吸引のあれこれまとめ

  • 5人のうち4人がダイエットをしている・経験している。
  • 脂肪吸引や脂肪溶解注射で対応できるのは皮下脂肪。
  • 女性は皮下脂肪が溜まりやすい。
  • 脂肪吸引や切らない脂肪吸引・脂肪溶解注射などがある。


脂肪吸引にも種類は様々。切る脂肪吸引や切らない脂肪吸引もありますが、皮下脂肪にのみ発揮します。皮下脂肪を溜めやすい女性は脂肪吸引等が向いています♪


PAGE TOP