医療脱毛は効果が高いけど痛い!痛みの原因と軽減させる方法について

永久脱毛・医療脱毛

医療脱毛は効果が高いけど痛いって本当?

医療脱毛は効果が高い施術。剛毛に悩まされている方でも、5回ほど受けることで毛が生えにくくなり体毛も薄くなる、毛の量が減るなどの効果もあるようです。医療脱毛は全身脱毛を受ける場合だと安くても5回コースで30万円はするようなものがあり、決して安い値段ではありません。しかし、医療脱毛の効果は絶大。今や女性の約9割以上が医療脱毛に興味があるとさえ答えるようになったほどというデータさえあるようです。

しかし、医療脱毛を受けてみたいと思っても医療脱毛について調べてみると多いのが「医療脱毛が痛い」というもの。調べてみると医療脱毛を1回目初めて受けてみた時にかなりの痛みを感じたという口コミをよく目にします。実際に医療脱毛専門の美容皮膚科でも「どうしても痛みを伴ってしまう」という説明書きがあるくらいです。医療脱毛の痛みの表現として、よく言われるのが「輪ゴムで肌を弾かれたような痛み」とありますが、実際痛みを感じる痛さには個人差があります。中には「針で軽く刺されているような痛み」さえ感じるという方も中にはいらっしゃるようです。医療脱毛はどうやら効果は高いのですが痛みも強いという施術になるのだとか。綺麗になるために仕方のないこととはいえ、なるべく痛みは軽くしておきたいものですよね?そこで今回は、医療脱毛において痛みを軽くするための方法について調べてみました。

関連:除毛クリームとデリケートゾーンについて(chowder)

医療脱毛が痛い理由


そもそも、なぜ医療脱毛を受けると痛みを伴うのでしょうか?医療脱毛で使用するのはレーザーとなります。医療脱毛で使用するレーザー脱毛器は、医療用のために開発されたものです。脱毛の仕組みとして、レーザーを毛根の細胞組織に照射することで細胞組織を破壊し、毛が生え変わることがないようにしてゆきます。細胞組織を破壊するということで人体に影響が及びそうな気はしますが、決してそんなことはありません。ただ、細胞組織を破壊することで強力なレーザーを照射することになりますから、その照射が強ければ強いほど痛みも強くなるという訳になります。

つまり、高い効果を発揮するためには強い痛みが伴うということになるようです。また、毛が太い部分にはより高い効果を出すこととなるようですから、その分痛みも強くなることとなるようです。医療レーザーを使用すれば短時間ながらも高い効果を発揮するため、エステ脱毛よりも安価で高い効果を得られるとも言われているのだとか。

痛みが強い部位として、特にVIOラインの脱毛が一番痛いという声が多いようです。VIOラインは生理の前後の時や睡眠不足であったり、体調不良であった際はより痛くなるとされています。口コミの中には剣山で刺されているような痛みさえ感じたというものまで。それ以外ではワキやうなじ、ひざ下が痛いという声もあります。その部位も太くて固い毛が生えやすい部位であり、またVIOはデリケートな部分でもありますからより痛みを感じやすいのかもしれません。さらに、施術を受ける方でも男性ホルモンが多い方はムダ毛が濃く多くなってしまいますから、ホルモンバランスが崩れているとそれもまた痛みを強める原因の1つとなってしまうみたいです。

医療脱毛の施術中の痛みを軽減させるには


では、どうすれば医療脱毛で伴う痛みを軽減させることができるのでしょうか?方法として、痛みが強くない脱毛機器を使用してもらえるように依頼したり、麻酔クリームを使う。痛みが強くなる生理前後や体調不良時は脱毛を避けるといった方法が必要となります。冷却を行ってもらうようにすれば、しっかりと冷やすことで痛みを軽減させることが可能となるようです。しっかりと冷やせば痛みを感じにくくなり、痛い部位でも「このくらいなら大丈夫だ」と思えるかもしれません。
また、麻酔を使用すれば痛みを抑えることも。クリームタイプの塗る麻酔やガスタイプの笑気麻酔など麻酔の種類も色々ありますし、医療脱毛を受けようと思ったら、クリニックにどんな麻酔があるのかを事前に聞いておくといいかもしれません。ただ、過去に麻酔で問題があったという方はクリニックにあらかじめ相談をしておいた方がいいかもしれません。

特に痛みが強いのは、毛が太い1回目と2回目。3回目以降は毛が細く少なくなっていきますから痛みが薄れていくのだとか。また、痛みを少しでも和らげようと市販で売られている痛み止めを服薬してから受けようとする方もいらっしゃる洋ですが、、痛み止めを飲んでも意味はないとされているみたい。感じる痛みの度合いによっては個人差はあるかと思いますが、なるべく生理前後は避けて、麻酔や冷却システムをしっかりと利用すれば痛みはさほどきつくないかもしれませんよ?

医療脱毛の効果と痛みの関係

・医療脱毛はどうやら効果は高いのですが痛みも強いという施術になるのだとか。
・脱毛の仕組みとして、レーザーを毛根の細胞組織に照射することで細胞組織を破壊し、毛が生え変わることがないようにしてゆきます。
・痛みが強い部位として、特にVIOラインの脱毛が一番痛いという声が多いようです。
・特に痛みが強いのは、毛が太い1回目と2回目。3回目以降は毛が細く少なくなっていきますから痛みが薄れていくのだとか。


医療脱毛で痛みを感じる方はたくさんいらっしゃいます。毛が濃く太いという部位が特に痛みを強く感じるようですので、便利な麻酔や冷却システムを利用していくといいかもしれません。


PAGE TOP